047-392-0101
  • 平日
    9:30 - 20:00
  • 土日
    9:30 - 19:00

欠損部位ごとの治療

歯を失った時に治療は必要か?

歯を失ったままにしておくと、生活のさまざまな場面で悩みがでてきます。

  • 年齢にかかわらず、歯を失った部分の骨がやせていく
  • 残っている歯の位置がずれてしまう
  • 噛み合わせが悪くなり、食事が楽しめなくなる
  • 言葉をうまく発音できず、人との会話にためらいを感じる
  • 顔の輪郭が変わってしまう
  • 自信が持てなくなる

歯を失ったままにしておくと…

進行

歯根が失われると、骨に伝わる力がなくなり、歯を失った部分の骨がやせていきます。

進行

歯の喪失によって、歯が移動し、歯並びが変わってしまう場合があります。

進行

歯の喪失によって、見た目が悪くなります。

進行

骨の喪失により顔の輪郭が変わってしまいます。

歯を一本失った場合

従来の治療方法

両隣の健康な歯を削る必要があります。

インプラント治療方法

健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担をかけません。

歯を数本失った場合

従来の治療方法

部分的な入れ歯になることが多くあります。

インプラント治療方法

健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担をかけません。

歯を全て失った場合

インプラント治療方法(取り外し式の総入れ歯)

インプラントの上についたバーを用いた装置をはめる方法では、総入れ歯はしっかり固定され、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。

インプラント治療方法(総入れ歯の種類)

インプラントを用いた総入れ歯はしっかり固定されており、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。

骨を失った場合

インプラントには骨が必要

インプラント治療では、インプラントを埋入するために十分な骨の量がない場合には、インプラントを可能とする補助手術を行っております。

これは骨を増やすテクニックを用い、骨とインプラントが結合し固定され、自身の歯と同じように機能させるためです。

他の医院で骨が少なくてインプラントができないと言われた患者様も、どうか諦めずに当院にご相談ください。

骨を増やす補助手術

骨再生誘導法(GBR法)

上顎臼歯部のインプラントは上顎洞があるので、骨造成をする必要が高まります。骨造成の主な治療法は下記になります。

詳しくは「骨量を増やすGBR法」をご覧ください

上顎洞底挙上法(サイナスリフト・ソケットリフト)

上顎洞底挙上法(サイナスリフト・ソケットリフト)は上顎洞までの骨が短い方のためにインプラント法のひとつです。

詳しくは「上顎洞挙上術サイナスリフト」をご覧ください

骨移植(オンレーグラフト)・スプリットクレフト

骨が不足している場合、自家骨のブロックを採取して不足している部分に移植することができます。また、骨の幅が薄い場合には骨幅を拡大するスプリットクレスト法を用います。

詳しくは「骨移植」をご覧ください

お電話での予約・無料相談はこちら

047-392-0101

駅から1分 / 土日の診療・手術が可能!
駐車場6台完備! / 平日は夜8時まで!

WEBからのメール無料相談はこちら

ご相談フォームはこちら

随時メールからのご相談を承っております

24時間 WEB予約

First Visit Reservation

ご予約はこちら