047-392-0101
  • 平日
    9:30 - 20:00
  • 土日
    9:30 - 19:00

負担少ないピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーが低侵襲治療を可能にする

インプラントには興味があるけど、「骨を削ったりするのが怖い」「神経や血管を傷つけられたらどうしよう」と不安に思ってしまい、なかなかインプラント治療に踏み切れない方もいらっしゃるかもしれません。

このようなお悩みをお持ちの方に、おススメなのが最新の超音波医療機器である、ピエゾサージェリー(PIEZOSURGERY)を使ったインプラント治療です。

身体に優しくダメージが少ない超音波

ピエゾサージェリーは、イタリアのトマソ・ベルセロッティ教授(Tomaso Vercellotti)によって開発された、超音波で骨を削ることができる最新の手術機器です。まさに超音波で歯石を取るような感覚で骨を削ることができる、これまでにないタイプの手術機器となります。

このピエゾサージェリーは、元々は脳外科で使用されていた機器を歯科用に開発したもので、その安全性は既に確立されています。

ピエゾサージェリーを使うことにより、インプラントのような外科手術において、ダメージを最小限にした、身体的ストレスの少ない、安全性の高い手術が可能となりました。

当院でもピエゾサージェリーを導入し、積極的に使用することにより患者様の負担を最小限にまで減らした低侵襲インプラント治療を可能にしております。

ピエゾサージェリーの特徴

ピエゾサージェリーは、これまでのインプラント治療の概念を覆すほど、画期的な手術機器になりますが、その理由として次のような特徴が挙げられます。

硬組織だけに反応し切断できる

ピエゾサージェリーは、骨や歯のような硬いもの(硬組織)だけに反応し、粘膜や歯茎、神経、血管のような軟組織を傷つけることがありません。例えば、卵の殻をピエゾサージェリーで削ると、殻の内部の膜を一切傷つけずに外側の硬い殻だけ削りとることができます。

切削部分の深さや長さを自在にできる

ピエゾサージェリーでは、骨を削る深さや長さを詳細に設定することができ、正確な骨の切削が可能となります。薄い骨でも破損させずに高い精度で骨を切削することができます。

骨密度を高めることができる

ピエゾサージェリーを使うと、骨密度を高めることができます。そのため、これまで骨の状態が良くなくてインプラントができないと言われていた方でも、治療ができる可能性が広がります。

骨へのダメージが少ない

ピエゾサージェリーでは、超音波振動で骨を削るため、他の骨を削る方法(ドリルやマイクロソー)などのように熱を発生させず、骨が火傷を起こすことがありません。骨の火傷は腫れや痛みなどの合併症を引き起こすため、これは非常に注目すべき点だと言えます。

ピエゾサージェリーのメリット

ピエゾサージェリーを使うことで、患者様にとって、次のような大きなメリットがあります。

振動が少なくストレスがない

これまで骨を削るためには主にドリルが使われており、脳天にまで響くような不快な振動が患者様にとって大きなストレスとなっていましたが、ピエゾサージェリーを使用することで不快な振動を感じずに骨を削ることが可能となりました。

術後の腫れや痛み・出血が少ない

これまでの手術では軟組織を傷つけることなく手術を行うことはほぼ不可能でした。そのため手術後には大きく腫れたり、強い痛みが出ることもありました。ピエゾサージェリーにより、余計な組織を傷つけずに手術が可能となったため、腫れや痛みというような不快症状を大幅に軽減することが可能になりました。

治療時間が短い

ピエゾサージェリーは操作性が良く、狭い術野で骨を削ることができたり、出血を防いだりすることが可能になったため、手術にかかる時間が短縮され、患者様の負担を最小限にすることができます。

インプラントと骨の結合、骨造成が早くなる

ピエゾサージェリーは骨にダメージを与えず、骨密度を高める作用もあるため、インプラントと骨の結合(オッセオインテグレーション)が早くなる効果もあります。

ピエゾサージェリーで広がるインプラント治療の可能性

ピエゾサージェリーは、特にインプラント歯周外科における骨手術において新たな可能性を次々ともたらしています。ピエゾサージェリーを使うことで、外科的なダメージを最小限にすることができるため、骨の移植後の反応が大変良くなります。下記にピエゾサージェリーを使った最新のインプラントの例をご紹介します。

ピエゾサージェリーを使ったソケットリフト

ソケットリフトとは、上顎の奥歯にインプラントを埋めたい場合に、その上方に位置する上顎洞との距離が短く、インプラントを埋めると上顎洞に突き抜けてしまうケースにおいて、骨を造成する手術法です。

従来のソケットリフト

従来行われていたソケットリフトは、インプラントを埋め込む際に、その上方に位置している上顎洞の底にある粘膜(シュナイダー膜)をオステオトームと呼ばれる棒状の器具をハンマーでコンコン激しく叩いて持ち上げ、それによってできた隙間に自家骨(自分の骨)や人工骨などを入れて、骨を増やしていました。しかし、ハンマーで叩く際の大きな音と大きな振動が患者様にとってかなりの恐怖となっていました。手術時間は約30分前後かかっていました。

ピエゾサージェリーを使ったソケットリフト

ピエゾサージェリーを使うことで、その超音波振動で上顎洞底部にある膜を傷つけることなく持ち上げて、できた隙間に骨造成を行い、インプラントを埋め込むことができます。ピエゾサージェリーで手術が正確、簡単に行えるようになり、恐怖の振動や音も感じることなく、およそ5分程度という短時間で処置を終えることが可能となりました。

詳しくは「顎洞挙上術サイナスリフト」をご覧ください

ピエゾサージェリーを使ったサイナスリフト

サイナスリフトもソケットリフトと同様、上顎にインプラントを埋め込みたい場合に骨の高さが不足しているケースで行われる骨造成法ですが、ソケットリフトをやるには骨が薄すぎてできないケースにおいて行われます。もしくは、複数の歯のインプラントする場合のように、広範囲で骨を作る必要があるケースで行われます。

従来のサイナスリフト

上奥歯の歯肉を大きく切開し、上顎洞の横から骨ノミをハンマーで打ちつけながら骨を割って上顎洞に穴を開け、上顎洞底の粘膜を持ち上げ、それによってできたスペースに自家骨や人工骨を填入して骨を増やします。その後骨ができるまで半年ほど待ってからインプラントを埋め込みます。この方法では、上顎洞に穴を開ける時、かなり大きく骨を取り除く必要があり、ハンマーによる振動が非常に患者様にとって恐怖、不快であったばかりでなく、上顎洞底の膜を傷つけるリスクが高いという問題がありました。

ピエゾサージェリーを使ったサイナスリフト

ピエゾサージェリーを使った最新のサイナスリフトは、上奥歯の歯肉を切開した後、歯石を取るような感覚で、上顎洞の横壁に穴を開け、上顎洞底の粘膜を持ち上げて隙間を作り出します。そしてその後、できた隙間に自家骨や人工骨を填入し半年ほど待ってからインプラントを埋め込みます。ピエゾサージェリーを使うことで、不快な振動もなく、硬組織だけを選択的に削り取り、上顎洞底の膜を傷つけることもなく、安全に手術を行うことができるようになりました。また大幅な時間の短縮ができるようになったことでさらに患者様の負担を軽くできるようになりました。

詳しくは「顎洞挙上術サイナスリフト」をご覧ください

ピエゾサージェリーを使ったスプリットクレスト

スプリットクレストは骨の横幅が狭くて、そのままではインプラントを行えない場合に骨に切れ目を入れて2分割し、クサビのような器具を入れて徐々に隙間を広げ、その出来た隙間にインプラントを埋め込む、という治療法です。

従来のスプリットクレスト

幅の狭くなった骨を、骨ノミをハンマーで強く叩いて2つに分割し、細いノミから太いノミまで5~6種類のノミを使いながら、骨を徐々に広げていきます。その後インプラントを人工骨などの骨補填材とともに挿入し、歯茎を縫い合わせます。この時力加減などによっては骨が完全に割れてしまい、うまく行えない場合もありました。またノミをハンマーで叩く際、その激しい振動と大きな音が患者様にとって非常に強い恐怖となっていました。

ピエゾサージェリーを使ったスプリットクレスト

狭くなってしまった歯槽骨を、ハンマーで骨を強く叩くなどせず、ピエゾサージェリーを使うことで、歯石を取るような感覚で2つに分割します。その後クサビのような特殊な器具をその部分に挿入し、徐々に骨を広げていき、インプラントを骨補填材とともに埋め込み、歯ぐきを縫合します。

詳しくは「骨幅を広げるスプリットクレスト」をご覧ください

ピエゾサージェリーを使った移植骨ブロック採取

移植骨ブロック採取は、インプラントを行いたい場所が大幅に骨が足りない場合に、自身の骨を採取しインプラントを埋入する場所に移植する方法です。骨の採取場所としては、一般的に下の親知らず周辺の骨や、下前歯の下方より行われることが多いです。

従来の移植骨ブロック採取

移植骨を採取する部分の歯ぐきを切開し、骨を露出させ、骨ノミを骨に当ててハンマーで叩き、骨のブロック(塊)を採取します。その後、インプラントを行いたい部分にそのブロックを移植します。この場合も骨を採取する際に、かなり激しく骨を叩く振動と大きな音が患者様にとって大きな恐怖となっていました。

ピエゾサージェリーを使った移植骨ブロック採取

ピエゾサージェリーを使って歯石を除去するような感覚で、移植元の骨をブロックで削り出し、移植したい部分に骨のブロックを入れていきます。これまでの方法においてネックであった、激しい振動や音から解放され、ストレスなく移植骨ブロック採取が行えるようになりました。

詳しくは「骨移植」をご覧ください

インプラント以外でも活用されるピエゾサージェリー

ピエゾサージェリーは、インプラント治療以外でも様々な治療において活用されています。

例えば、親知らずの抜歯をなるべく痛くないように行うことができたり、インプラント周囲炎でダメになってしまったインプラントの抜去手術や歯冠長延長術(歯ぐきを切除し骨を削除して虫歯や歯が割れている部分を歯ぐきの上に出し、歯をなるべく持たせるようにする方法)、顎の骨の腫瘍切除、顎関節の手術など、使用用途は実に多岐にわたっております。

ピエゾサージェリーによって、患者様にとってストレスの多い歯科治療が随分と楽になってきたと言えるでしょう。

お電話での予約・無料相談はこちら

047-392-0101

駅から1分 / 土日の診療・手術が可能!
駐車場6台完備! / 平日は夜8時まで!

WEBからのメール無料相談はこちら

ご相談フォームはこちら

随時メールからのご相談を承っております

24時間 WEB予約

First Visit Reservation

ご予約はこちら