047-392-0101
  • 平日
    9:30 - 20:00
  • 土日
    9:30 - 19:00

治療期間を短くすぐに噛めるようになりたい

治療期間が短いインプラント治療とは?

通常のインプラント治療は抜歯後3~6ヶ月の治癒期間を待ってから、インプラントを埋入し、さらにインプラントと骨の結合を待ってから上部構造(被せ物)を取り付けるので、長い治療期間を要することがあります。

しかし、顎骨の条件が良好であればインプラントの治療期間を短くする方法がいくつかあります。

抜歯即時埋入法

抜歯即時埋入法とは、抜歯した当日にインプラントを埋入する方法です。

抜歯後、切開や剥離が無いため、腫れ・痛みが少なく、骨吸収を最小限に抑え、治癒期間を短くすることができます。

骨の状態が良好あることなどが条件であることと、しっかりトレーニングを受けている歯科医師のもとで診断を行い、治療法が起用できるかどうか確認することが必要です。

詳しくは「スピーディー抜歯即時インプラント」をご覧ください

抜歯即時荷重法

抜歯即時荷重法とは、インプラント埋入と同時にアバットメントと仮歯もセットし、当日から食事ができ、審美性も良く、腫れ・痛みも軽減でき治療期間を大幅に短縮することができます。

抜歯後、切開や剥離が無いため、腫れ・痛みが少なく、骨吸収を最小限に抑え、治癒期間を短くすることができます。

骨の状態が良好あることなどが条件であることと、しっかりトレーニングを受けている歯科医師のもとで診断を行い、治療法が起用できるかどうか確認することが必要です。

詳しくは「すぐに噛める即時荷重インプラント」をご覧ください

無歯顎の方が1日で噛めるようになるAll-On-4(オール オン フォー)

オール・オン・フォーとは、4本~6本のインプラントで上顎・下顎の全ての歯を固定式デンチャーで支えることができる治療法です。

当日に仮歯のデンチャーを装着できるので、その日から食事ができ、審美性も良いです。またインプラントの本数を減らせることができます。

骨の状態が良好あることなどが条件であることと、しっかりトレーニングを受けている歯科医師のもとで診断を行い、治療法が起用できるかどうか確認することが必要です。

詳しくは「オールオンフォーインプラント」をご覧ください

少ないインプラントの本数で治療期間を短縮するオーバーデンチャー

オーバーデンチャーとは、インプラントを取り外し式の義歯の維持装置として応用する治療法です。

通常は、2~4本程度のインプラントを埋入し、そのインプラントに入れ歯を固定します。

インプラントの本数を少なくできるが、通常のインプラント治療やAll-on-4に比べて性能は劣ります。

詳しくは「磁石を使用した入れ歯インプラント」をご覧ください

お電話での予約・無料相談はこちら

047-392-0101

駅から1分 / 土日の診療・手術が可能!
駐車場6台完備! / 平日は夜8時まで!

WEBからのメール無料相談はこちら

ご相談フォームはこちら

随時メールからのご相談を承っております

24時間 WEB予約

First Visit Reservation

ご予約はこちら