047-392-0101
  • 平日
    9:30 - 20:00
  • 土日
    9:30 - 19:00

ブリッジ治療との比較

歯を失ってしまったときには「ブリッジ」という治療の選択肢もあります。

ブリッジ治療とは、歯が抜けて無い部分にダミーの歯を作り、両隣の自身の歯で支えて橋渡しするというものです。

橋渡しする場合には支台になる歯を削って型取りをし、被せ物を作るというシンプルな治療法になります。

ブリッジ治療のメリット

治療が早い

ブリッジの場合、歯の無い部分にダミー歯を作り、両隣の自分の歯で支えるので、インプラントと比較して、治療が早いという点が挙げられます。

ブリッジ治療のデメリット

両隣の歯を削らなければいけない

ブリッジを装着するためには、歯のない部分の両隣の歯(健康な自身の歯)を削らなければなりません。

ブリッジを適切に入れるためには、両隣の歯を平行に削らなければならず、通常の治療よりも削る量は多くなります。

もともと生えている方向が曲がっていたりすると削る量はさらに多くなり、エナメル質はほとんどなくなってしまいます。また、その両隣の歯に対する負担はかなり大きく、ブリッジの支えになる歯は平均8年でダメになるというデータもあります。

ブリッジを選択することにより、今健康な歯もいずれ失ってしまう恐れが出てきます。

歯を削って痛みが出た場合には神経を取る場合もある

歯を削っている時に痛みが出ることもあります。もし痛みが出てしまった場合は神経を取るケースもあります。

神経のある歯を削った場合、痛みが出るのは20本に1本程度で、意外と確率が高いことが伺えます。

もし神経を取ってしまうと、虫歯になっても痛みがないので気付きにくくなってしまいます。そのため、将来抜歯しなければならないケースも出てきます。なお、歯の神経には血流があり、それを取ることにより感染しやすくなってしまいます。

また、ブリッジのダミーの歯には歯根がありません。そのため歯ぐきがどんどん痩せていきます。

この結果、次第に隙間ができていき、食べ物が挟まりやすくなってしまいます。ブリッジを装着している方は歯ブラシだけでなく歯間ブラシや特殊なフロスでの清掃が必須となります。

インプラント治療とブリッジ治療の違い

インプラント治療は、ブリッジ治療のデメリットを大きくカバーできます。

一番大きいのは、健康な自身の歯を削らなくても良いという点です。歯ぐきが痩せることも防げます。しかも、ブリッジ治療よりもしっかりと強い力で噛むことができるようになります。

ブリッジ治療は、インプラント治療と比べて治療費用が安く、治療日数が多くなってきますが、実際の回数はさほど変わりません。

インプラントは手術が必要という点を気にされる方も多いですが、歯を抜くこととあまり変わらない負担で受けられる手術なので、それほど心配することはありません。

お電話での予約・無料相談はこちら

047-392-0101

駅から1分 / 土日の診療・手術が可能!
駐車場6台完備! / 平日は夜8時まで!

WEBからのメール無料相談はこちら

ご相談フォームはこちら

随時メールからのご相談を承っております

24時間 WEB予約

First Visit Reservation

ご予約はこちら