047-392-0101
  • 平日
    9:30 - 20:00
  • 土日
    9:30 - 19:00

インプラントの寿命

インプラント治療の予後10年生存率

10年生存率 正常者 歯周病患者 骨造成 タバコ
上顎 93% 88% 80% -10%
下顎 96% 90% 87% -7%

現在、しっかりとしたメインテナンスを行い偶発症がなければ40年で60%、インプラントの維持が可能です。

注1:年に2回以上のメンテナンスを行っており、プラークコントロールができていることが前提である。

注2:患者により条件が異なる。骨の母床の状態(既存の骨量/骨質)によって予後の差は左右される。

また、インプラント生存率のリスクとしては以下の要因が挙げられます。

  • 骨粗鬆症(BSE製剤の静注患者)
  • 糖尿病(HbA1c7.5以上のコントロール不良患者)
  • 先天性遺伝疾患
  • 放射線治療
  • 侵襲性の歯周炎
  • 歯ぎしり・食いしばり

インプラントが上手くいなかった原因

インプラントが上手くいなかった原因として以下の合併症が挙げられます。

上記のようなデータが出ていますが、しっかりとしたメインテナンスを行えば、こういったリスクは避けられますので、必ず定期メンテナンスを行うことをお薦めいたします。

当院にはインプラント手術後の保証制度もあります。万が一の場合でも安心して治療を受けていただけるよう、スタッフ一同真摯に対応しております。

詳しくは「インプラント治療保証制度」をご覧ください

お電話での予約・無料相談はこちら

047-392-0101

駅から1分 / 土日の診療・手術が可能!
駐車場6台完備! / 平日は夜8時まで!

WEBからのメール無料相談はこちら

ご相談フォームはこちら

随時メールからのご相談を承っております

24時間 WEB予約

First Visit Reservation

ご予約はこちら