047-392-0101
  • 平日
    9:30 - 20:00
  • 土日
    9:30 - 19:00

上顎洞挙上術サイナスリフト

上顎洞挙上術(サイナスリフト・ソケットリフト)

鼻の横あたりに上顎洞という大きな空洞があることはご存知でしょうか?

上顎臼歯部の歯がなくなると、歯槽骨の吸収が進行します。上顎洞の拡大も進行する可能性もあり、歯槽骨はさらに薄くなります。

このケースでインプラントをする場合、上顎洞までの長さが短いため、そのままインプラントを埋入するとインプラントが上顎洞を貫通してしまいインプラント治療は失敗し、患者様にも失敗による後遺症を与えかねません。

このようなケースのインプラント治療はサイナスリフト法、ソケットリフト法という2つの術式を用います。

これらの治療法は骨の薄い部分の上顎洞底部に移植骨や骨補填材を填入することで、インプラントの埋入を可能にします。

ソケットリフト/クレスタルアプローチ(歯槽頂アプローチ)

ソケットリフトはインプラントを埋入する高さが足りない場合に、上顎洞底を歯槽頂から押しあげて、押し上げた箇所に人工骨を補充し、インプラントを埋入できる高さの骨を造る術式です。

おおむね5~6mm以上の骨の厚みが必要で適用範囲が限られます。

サイナスリフト/ラテラルウィンドウ

上顎洞底までの骨の量がほとんど無くなってしまっている場合、インプラントが埋入できる十分な骨を造る必要があります。

術式としては粘膜剥離後に、骨の側壁を開け、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を上顎洞から慎重に剥離します。そこにできたスペースに、骨造成剤と自家骨を混ぜたものを移植します。

骨が造られるまで6ヶ月~1年程度の期間を待ちその後、インプラントを埋入します。条件が良ければサイナスリフトと同時にインプラントを行います。

サイナスリフトは特に骨が少ないケースではこの処置が有効になります。

サイナスリフトはソケットリフトに比べて術視野を確保した状態で行えるので安全性の硬い術式です。

CASE01

重度歯周病にて抜歯しサイナス同時インプラント埋入

Before

After

お電話での予約・無料相談はこちら

047-392-0101

駅から1分 / 土日の診療・手術が可能!
駐車場6台完備! / 平日は夜8時まで!

WEBからのメール無料相談はこちら

ご相談フォームはこちら

随時メールからのご相談を承っております

24時間 WEB予約

First Visit Reservation

ご予約はこちら