047-392-0101
  • 平日
    9:30 - 20:00
  • 土日
    9:30 - 19:00

入れ歯で苦労されたあなたへ

今、入れ歯をお使いの方。入れ歯ライフに満足していますか?
入れ歯を使うにあたってはさまざまな悩み、トラブルが付きものです。

こんなことでお悩みではありませんか?

何でも食べれない

入れ歯だと、せんべいやりんご、肉やパンなどが食べづらいといった状況が起こります。お餅のような弾力のあるものも食べづらいです。入れ歯では自分の歯のようにしっかりと噛むことは難しく、特に前歯では噛み切ることができなくなります。

どんなに精巧に作った入れ歯でも、歯ぐきとくっついているわけではありませんので、噛んでいるときにずれたり、違和感を感じることがあるのです。

入れ歯は小まめに調整しながら使っていきますが、歯ぐきも変化していきますので次第に合わなくなっていきます。入れ歯と歯ぐきの間に食べ物がはさまって歯ぐきに傷を作ってしまうこともあるのです。

また、入れ歯で食事をすると熱を感じにくいので、熱いものや冷たいものを美味しいと感じられなくなります。

人の目が気になる

入れ歯は部分入れ歯でも全部入れ歯でも、汚れが溜まりやすいので毎日清掃するのが難しいことがデメリットです。きちんと清掃できれば問題はありませんが、どうしても汚れが溜まってしまうことがよくあります。

汚れが残ったまま入れ歯を使い続けると、口臭の原因になってしまいます。一度口臭が気になってしまうと他人の目が気になるようになり、また入れ歯だという後ろめたさもあり、なかなか人前に出て明るく会話をすることが難しくなってしまうのです。

また、入れ歯だということを公言している方はいいのですが、誰にも知られたくない、言っていない、という方も多くいらっしゃいます。そういう方は、入れ歯を外すのを他人に見られたくない、という理由で外食や旅行などに出かけづらくなってしまうのです。その結果引きこもりがちになり、気分も落ち込んできてしまいます。

あごの骨が痩せてくる

入れ歯を使うことで、自分の身体にも負担が大きくのしかかります。

部分入れ歯の場合、バネを掛ける歯に力がかかりやすいのでどうしても負担がかかってしまうことがあります。ひどいときはグラグラしてきて抜歯しなければならない場合もあるのです。

また、部分入れ歯でも総入れ歯でも、歯ぐきが痩せてきてしまうというデメリットがあります。歯ぐきが痩せてしまうと入れ歯が合わなくなり、歯ぐきに傷がついてしまいます。

インプラントなら、これらの問題を解決できます

インプラントは、自分の骨とくっつき強固に固定されるので第二の永久歯とも言われています。インプラントにすれば、自分の歯と同じように何でも噛めるようになります。食べたいものが食べられない、そんなストレスから解放されるのです。

しっかりと噛んで食事を楽しめると、心身ともに健康が長続きします。食事は人生そのもの。食事が楽しければ、人生も楽しくなるのです。

また、入れ歯は自分の歯にバネをかけて使用するのに対し、インプラントではもちろんバネなど必要ありません。新しく歯を入れられるのはもちろん、残っている歯も大切にできるのです。

インプラントは怖くありません!

当院では、静脈内鎮静法、鎮静薬の内服など高度な麻酔の技術により、痛みをほとんど感じずにインプラント手術を行うことができます。

また、CTを撮影し、骨の状態や血管・神経の位置を正確に把握してから治療計画を立てるので、安全に手術を受けていただけます。

今まで入れ歯で悩んでいたあなたへ

入れ歯から解放されると、どんな楽しい人生が待っているのでしょうか。

  • 毎日のお食事を美味しく食べられる喜び
  • 人目を気にせず会話ができる喜び
  • 毎日の入れ歯のお手入れから解放される喜び

今ご覧いただいているあなたも、ぜひ明るい未来を手に入れてください!

お電話での予約・無料相談はこちら

047-392-0101

駅から1分 / 土日の診療・手術が可能!
駐車場6台完備! / 平日は夜8時まで!

WEBからのメール無料相談はこちら

ご相談フォームはこちら

随時メールからのご相談を承っております

24時間 WEB予約

First Visit Reservation

ご予約はこちら