047-392-0101
  • 平日
    9:30 - 20:00
  • 土日
    9:30 - 19:00

静脈内鎮静法・無痛インプラント治療

痛くない、怖くない、ストレス軽減の治療

当院では、お客様のご希望に極力配慮した治療を心掛けております。お口の悩みや症状を改善するのはもちろんですが、インプラント治療に対する恐怖心に関しても、できるだけ緩和できるよう心掛けております。

その方法の一つとして、静脈内鎮静法(セデーション)を導入しております。

インプラント治療は頭部に近い場所での治療ですから、振動が頭に伝わりやすく、独特な機械音も苦手という方は多いと思います。また麻酔で痛みは感じないとはいえ、インプラント治療では事前にご説明する治療方針を聞いて「当日が怖くて仕方がない・・・」という患者さまも多々いらっしゃいます。

このような患者様のインプラント治療に対するストレスをできるだけ無くしながら、お口の健康を取り戻していただくことを目指しております。

麻酔専門医が施す静脈内鎮静法とは

麻酔の効果で心地良いウトウトした状態をつくります

全身麻酔とは異なります

静脈内鎮静法(セデーション)とは、鎮静剤を静脈に投与して意識を意図的に鎮静状態にする方法です。

治療中はインプラント治療を行う歯科医師とは別に、麻酔専門医が全身の状況を常に監視しながら状況をコントロールします。

静脈内鎮静法の場合、全身麻酔とは異なり、呼びかければ応答できる程度の意識レベルをキープします。そのため治療時の緊張状態を緩和し、そのまま眠ってしまう程にリラックスした状態でインプラント治療を受けることが可能です。また健忘効果があり、治療中のことをあまり覚えていない状態となりますので、治療時間がとても短く感じる患者様が多くいらっしゃいます。

安全性が確率されています

静脈内鎮静法は安全性が高いため、歯科医療の現場だけでなく内視鏡検査などでも用いられることの多い麻酔方法です。

全身麻酔の場合は呼吸も麻痺するので、人工呼吸や気管内挿管といった呼吸管理が必要となりますが、静脈内鎮静法は自発呼吸ができますので呼吸管理の必要がありません。

また、ストレスによる血圧の上昇や心臓への負担などがなくなり、安定した状態で治療を受けられるとともに、治療中は麻酔科専門医が常に血圧や心拍数といった全身の状態をモニター管理しますので、高血圧や心疾患をはじめ、脳血管疾患の既往の方、心筋症、甲状腺機能亢進症、不整脈、ステロイド長期服用、糖尿病、精神発達遅延などの疾患をお持ちの患者様でも適用が可能です。

術後の腫れや痛みが少ない

麻酔時の点滴により、注入する薬剤には輸液、鎮静剤、抗生剤、場合によりステロイドなどがあります。

抗生剤は術後の感染を予防、ステロイドは腫れを抑える効果がありますが、これらの薬液を静脈から直接体内に取り込むことができるため、内服に比べてより効果を高めることができます。

治療後には麻酔効果が直ぐに無くなります

静脈内鎮静法の場合には、治療が終われば麻酔効果は速やかに薄れて無くなりますので、全身麻酔のように入院する必要がありません。

ただし効果が薄れる時間には個人差があり、治療後もしばらく眠気が残ったり、体がふらついたりすることがあります。その場合は無理せず、しばらく安静にしてからご帰宅いただきますのでご安心ください。

次のような患者様にとてもおススメです

インプラント治療が怖い方や痛みに敏感な方

インプラント治療が怖く、痛みに敏感な患者様の中には、治療中の緊張感から貧血を起こしてしまったり、気分が悪くなってしまうような場合があります。

静脈内鎮静法(セデーション)を導入すると、心地よくウトウトと眠りにつくような状態になりますので、恐怖や不安を感じることなく治療が受けられます。

リラックスして治療を受けたい方

インプラント治療のことを想像して落ち着かない、悪いことばかり想像してしまうなど、治療に対する緊張感を解くことができないような患者様でも、静脈内鎮静法を導入すると治療中のことはほとんど覚えていない状態になり心地よいまま治療が終わりますので、リラックスして治療を受けていただけます。

基礎疾患をお持ちの方

高血圧や心疾患といった基礎疾患をお持ちの患者様でも、静脈内鎮静法の効果により、血圧や心拍数などが安定した状態で治療を受けることができます。

治療時には麻酔科専門医が常に状態をモニター監視し、全身管理がなされていますので安心です。

嘔吐反射が強い方

誰でも喉の奥に異物が入ると、反射的に「おえっ」となることがあると思いますが、患者様によってはこの吐き気を催す感度がとても敏感な方がいらっしゃいます。

そのようなケースですと、口腔内の治療はとても困難になってしまいますが、静脈内鎮静法を導入することで感覚が鈍くなりますので、嘔吐反射が強い方でも問題なくインプラント治療を行うことができます。

治療に長時間かかる場合

埋入するインプラントの本数が多いということや、難症例の治療ケースといったように治療に時間が掛かるような場合は、どうしても精神的、肉体的にも負担が大きくなります。

そのような場合に静脈内鎮静法を導入すると患者様の意識としては、とても短い時間でインプラント治療が終わる感覚を得られます。

静脈内鎮静法の注意点

アレルギーがある場合は適用できないことがあります

麻酔にアレルギーがある場合、静脈内鎮静法を適用できないことがあります。麻酔にアレルギーがある方や、過去に気分が悪くなったことがある方は、必ず事前に歯科医師へお伝えください。

当日は車やバイクや自転車の運転はできません

インプラント治療の当日は、自転車や自動車の運転は厳禁です。徒歩や公共機関にてご来院ください。

またインプラント治療で静脈内鎮静法を行う場合には、無料送迎のサービスをいたしております。無料送迎の提供には条件がございますので、無料送迎のご案内にて確認ください。

お電話での予約・無料相談はこちら

047-392-0101

駅から1分 / 土日の診療・手術が可能!
駐車場6台完備! / 平日は夜8時まで!

WEBからのメール無料相談はこちら

ご相談フォームはこちら

随時メールからのご相談を承っております

24時間 WEB予約

First Visit Reservation

ご予約はこちら