047-392-0101
  • 平日
    9:30 - 20:00
  • 土日
    9:30 - 19:00

痛くない手術をする取り組み

インプラント治療をする際にまったく痛みのない治療をすることは難しいことです。当院では限りなく無痛のインプラント治療をしたいと考え、取り組んでおります。

限りなく痛みの少ないインプラント治療をするために、様々な麻酔法を取り入れております。局所麻酔と静脈内鎮静法を使い分けております。

手術の技術だけに頼らずに、しっかりお身体の状態を把握した上で、お口の中の詳細な情報をCTスキャンで得たデータで診査診断することで、より安全性の高いインプラント治療を可能にします。

局所麻酔でも簡単な症例であれば、痛みがでない状態で処置することは可能です。少し複雑な症例では、静脈内鎮静法を用います。静脈内鎮静法は患者様の意識はあるものの、うたた寝しているような感覚で、ほとんど記憶に残らなく、痛みがあっても忘れてしまっている状態で処置を受けることが可能です。

当院では、患者様が痛みを感じてしまうと心身ともにストレスになりますので、痛みを感じさせないような手術を心がけています。

痛くないインプラント手術をする当院の取り組み

患者様の負担を軽減するために痛みの少ないインプラント治療の提供

インプラント治療の手術をする際に患者様はどんな手術を求めているでしょう?

「痛くない治療をして欲しい」という要望が最も多いのです。

痛い手術は患者様にとって精神的にも肉体的にも大きな苦痛を伴います。しかし、“痛みが軽減する”“痛みがない”治療をすることで患者様の苦痛は大きく和らげることが可能になります。

当院の麻酔へのこだわり

不快感を与えないための麻酔テクニック

当院では、麻酔をするときの痛みが不快に感じられないように様々工夫をしています。

麻酔をするときに、歯ぐきの痛点を確実に避けて針を刺すこと、麻酔を注入するときの圧力がかからないようにゆっくりと1秒に1滴くらいのスピードで注入することに気を付けています。

さらに、麻酔薬と体温の温度差があると人は痛みを感じてしまいます。麻酔薬を使用する前に人肌程度の36度くらいに温めておきます。

そして、一番大事なのは、麻酔を確実に効かせること。麻酔薬の量や注入する方向などを歯科医師が研鑽を積んでおります。

眠っている間にインプラント手術が終わる静脈内鎮静法

痛みへの不安や恐怖を特に持っている患者様には、静脈内鎮静法をお薦めしております。

うたた寝の状態で、手術中の記憶も痛みもほとんどなく、いつの間にかインプラント手術が終了しているという麻酔法です。静脈内鎮静法を施されている最中は麻酔医が患者様の生体モニターを確認しながら、お身体の状態を逐一チェックしながら麻酔のコントロールをします。

お電話での予約・無料相談はこちら

047-392-0101

駅から1分 / 土日の診療・手術が可能!
駐車場6台完備! / 平日は夜8時まで!

WEBからのメール無料相談はこちら

ご相談フォームはこちら

随時メールからのご相談を承っております

24時間 WEB予約

First Visit Reservation

ご予約はこちら